ル・ボナーの一日

「文庫本カバー」工房内製作

2020年04月30日

シュランケンカーフをメインにデッドストック革少々、久々文庫本カバーを工房内製作しました。税込み8,800円なり。

シュランケンカーフは9色で

左からグレー、アントラジス、バイオレット、トスカニー、ゴールド

左からミント、スカイ、ジーンブルー、ブルー。今回は青系が充実

デッドストックしている革でも少々。

テイカのオイルヌバックは、「本当にこれヌバック?」と思ってしまうほど起毛が感じ取れないオイリーさ。トラ模様がまた良い感じ、普通ヌバックに仕上げたらトラ模様は消えちゃうのですよ、それがしっかり残ってる。それと一度だけ仕入れたペリンガー社のソフトスノーカーフのダークブラウン、オイル感半端なし。

そしてシープ4種、下から触った時のしっとり感尋常じゃないネイビーとダークブラウン、これは使うのもはばかれるほど繊細で、これぞナッパレザーの究極と感じさせる。ただ素性は記憶から消えているボンジョルノ爺。ワインはフランスのボダンジョア社のシープナッパ。ボダンジョア社のカタログではラムスキンと記されている。このタンナーも随分前に廃業しちゃったな。それとまたまた素性わからない茶色のシープ。これの革表面の表情は独特で面白いよ。

これはスウェーデンのボルゲ社のグリーンのフェルディナンドカーフ。私たちはこの革が大大好きだった。この当時世界最大のタンナーも廃業しちゃった。

という感じで文庫本カバー作りましたがシュランケンカーフ以外のデッドストック革はもう無いに近い、というのも卸先の南青山のCIRCLEさんに大部分送り出した為。なのでご興味ある方はCIRCLEさんにお問い合わせくださぁ〜い。

ル・ボナー店舗はCLOSEDですが、工房ではいつも以上に作っております。次はダレスの枠手縫いが始まります。

 

Le Bonheur (15:09) | コメント(1)

Comments

  1. アバター ビルロート より:

    いろいろと愛用させていただいております。
    両側ポケット仕様のブックカバーを作っていただくことは可能ですか?

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

アーカイブ