ル・ボナーの一日

新色加えて「ミネルバボックス・パパス」

2020年05月01日

イタリア・バタッラシー社のミネルバボックスのパパス・ショルダーバッグが出来上がりました。現在定番の製品でエージング世界一?のバタラッシー社の革を使っているのはこのパパス・ショルダーバッグのみとなりましたね。このバッグを作り続ける限りミネルバボックスは使いつづけます。この後はシュランケンカーフとエレファント革で。エレファント革でのパパスショルダーのご要望があったので作って見ることにしたのですが、革の値段の高騰にびっくり、なのでエレファント革のパパスは上代20万円オーバーです。

まずは今回完成したミネルバボックスのパパスをご紹介〜税込み66,000円也

コニャック。

タバコ

グリージオ

そして次は新色〜

オリーバ。グリージオとの差は?しかし確かにグリーン系の染料が強くなった感じ。

そしてあとオルテンシアも今回作る予定だったけれど、コロナウィルスの影響で入荷が間に合わなかった。ヨーロッパ皮革は今後非常に厳しくなります。メインで使っているドイツのペリンガー社も現在操業停止です。頼んでいたシュランケンカーフのアントラジスはギリギリ船に積み込んだのは確認出来ているのですが、4月入荷予定がまだ届かない状況。

ただ在庫でオルテンシアのパパスは1個あります。エージングしているのでこれは価格下げて販売。そうなんです、ミネルバボックスは日差しを受けない場所に展示していてもエージングしちゃうんです。

という感じでミネルバボックスのパパス・ショルダー出来ました。現在自粛でどこのお店もCLOSED中なので、卸先のCIRCLEさんとC.O.U.さんのオンラインショップで宜しくお願いします。後日になりますが神戸派計画さんのオンラインショップでも。ル・ボナーはオンラインショップはやっていませんが、info@kabanya.netまでメール頂ければ送る事も出来ます。その場合は支払いが振り込みかカード決済となります。そうなんです、ル・ボナーでもカード決済がテンプレートをメールで送って出来るようになりました。

大変な状況ですが笑顔でお会い出来る日はいつか来ます、その日まで辛抱。

Le Bonheur (13:28) | コメント(0)

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

アーカイブ